細字の書体を見慣れないせいか、弱々しく見えますが。

新聞・チラシなどの通信販売広告でよく見かける「印相体」は、
文字線が太いので堂々とした印象を受けるかとも思いますが、

太い文字線を残して彫る(彫る部分が少ない)。

高い彫刻技術を要せず、彫刻時間も短くて済む。

デジタル/アナログ両面において偽造が比較的容易。

という側面を持っています。

一方、文字を細く残して丹念に彫り込むのは、
高度な彫刻技術長時間の繊細な彫刻作業を必要とします。
その証拠に、数あるWeb印鑑ショップの中で
細字書体を見本として掲載している店がどれだけあるでしょうか。

財産と権利を守る大切な印鑑は、デザインやイメージではなく、
信頼に足りる彫刻技術を存分に発揮できる書体をお選びください。



印鑑手彫り

姉妹サイト : 首相印鑑 印鑑書体 安心印鑑