印鑑職人 秀碩の製作工程ご案内

印鑑職人 秀碩の工房へご案内します。
印稿(下書きデザイン)から荒彫り、仕上げと進み、
1本の印鑑が誕生するまでを、どうぞご覧ください。

印 稿 製 作
  

仕上がりをイメージしながら、その下書きを製作します。
印鑑に使われる文字は、決して「創作」ではありません。
出自(出所)の確かな篆書を多くの字典で丹念に調べ、
他の文字との均衡が取れる字形を選びます。
そして全体のバランスや構成を考えながら、
秀碩ならではの絶妙な「アレンジ」を加えます。
この「アレンジ」がこそが「個性ある作風」といえましょう。
できあがった印稿はメールでお送りします。

荒 彫 り
  

印稿をご承認いただくと、いよいよ彫刻開始です。
最初の工程が「荒彫り」です。
文字線のない部分を大まかに彫り除いていきます。
左の写真にポインタを乗せると、荒彫り終了時点の、
まだ文字がボッテリと太い姿をご覧いただけます。
なお、この荒彫り段階では、完成品の彫刻品質に
まったく影響のない箇所の単純切削において
一部機械・器具を使用することもございます。

仕 上 げ
 

印鑑彫刻でもっと重要な、文字通り仕上げの工程。
「荒彫り段階ではまだ文字の態をなしていない、
単なる線の集合体に、命の吹き込む作業だ」と語る秀碩。
薄皮をはぐように慎重に余分な肉をそぎ落としていくと、
やがて研ぎ澄まされた文字がその姿を現します。
左の写真をクリックすると完成品をご覧になれます。
上の荒彫り終了時点のそれと比べてみてください。
この変貌を生み出すのが、この道60年の熟練技です。

秀碩の作風を引き継いだ職人・永田 皐月も
印稿製作から荒彫り、仕上げに至るまで、秀碩とまったく同じ工程でとり行います。
ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。







印鑑手彫り

姉妹サイト : 首相印鑑 印鑑書体 安心印鑑