印鑑職人・秀碩が彫刻に用いる素材のご案内

特に実印・銀行印は、役所や銀行に登録した印影を
長期にわたって保持しうる素材を選ぶことが必要です。
破損・磨耗などで印影が登録時のものと変わってしまうと
かんじんなときに役割が果たせなくなる恐れがあります。

印 鑑 素 材
  
印鑑素材:柘(ツゲ)

(ツゲ)
将棋の駒や櫛などに用いられてきた硬質の木材です。
当店では鹿児島県内で植林されている薩摩ツゲのみを
中でも色調の美しいものを厳選して使用しております。
(東南アジア産のアカネは一切使用しておりません)
ツゲは適度な硬さと粘り気があり、朱肉もよく吸着します。
また、薩摩ツゲは近年、二酸化炭素を排出しない
「環境に優しいエコロジー素材」として注目されています。


印鑑素材:黒水牛(クロスイギュウ)

黒水牛(クロスイギュウ)
アジア地域に広く生息する水牛の角を加工したものです。
柘よりは格段に硬質で適度な粘り気もあり、
印鑑彫刻に非常に適した素材といえましょう。
当店では角の中心部であり、最も堅牢な部分の
「芯持ち材」のみを使用しております。
芯のない「割材」や、合成品の「圧縮材」などは
一切使用しておりません。


印鑑素材:白牛角(シロウシツノ)

白牛角(シロウシツノ)
従来より「オランダ水牛」の名で知られる印鑑材料ですが、
実はオランダ産でも、水牛の角でもありません。
世界中の陸地部に広く生息する牛(=陸牛)の角で、
南アフリカやオーストラリアの牛角が印鑑に使われます。
当店はマーブル状の斑を含有しない、「純白」と呼ばれる
美しい色調のものを厳選して使用していますが、
個体差により、微妙な色合いは1本ごとに異なります。


印鑑素材:象牙(ゾウゲ)

象 牙(ゾウゲ)
水牛・牛角類と同等の硬さと粘り気を併せ持ち、
抜群の朱肉吸着性も有する、印鑑に最適の素材です。
当店は国内正規在庫品のみを厳選して使用しており、
環境省・経済産業省発行の認定シールお付けします。
また特に上級グレード品に関しては、メーカーから
優先的に最良材の提供を受けております。
この象牙に関してはも併せてご覧ください。


印鑑素材:マンモス

マンモス
永久凍土に1万年以上眠っていたマンモス牙です。
その品質は個体差と凍結状態により千差万別です。
当店はメーカーから優先提供を受けた良材を更に厳選、
象牙と同等品質のものだけを使用しており、
硬度・粘度・朱肉吸着性・外観とも象牙と変わりません。
特に最上級グレード品は入手が極めて困難であり、
すでに「幻の印鑑材料」となりつつあります。

品 質 比 較
  
堅牢性比較表

堅牢性
落下・衝突の際の外枠部分の欠けにくさを表します。
象牙・牛角類はほぼ同等の硬度を持っています。
柘も木材の中では硬質の部類に属しますが、
象牙・牛角類と比較すると、堅牢性の点では劣ります。
また、象牙・牛角類も外枠欠損リスクがゼロではあません。
いっそうのリスク軽減に、外枠の太い書体をお薦めします。
加えて捺印時のケースからの出し入れに注意が必要です。


耐耗性比較表

耐耗性
捺印回数を重ねることによる磨耗のしにくさを表します。
こちらも素材の硬度が強く関係していて、
象牙・水牛類は長年の捺印でも磨耗しにくく、
柘はそれらに比べるといささか磨り減りやすいといえます。
しかし、日常生活における捺印機会が減っている今日、
耐耗性はあまりお気になさる必要はないかもしれません。
それでも、よくお使いになる印鑑にはご留意ください。


捺印性比較表

捺印性
彫刻面の朱油(朱肉のインク)吸着度を表します。
平たくいえば、朱肉の乗りの良さということです。
象牙・マンモスの朱肉吸着性は素晴らしく、
役所・銀行の枯渇した朱肉でも鮮明な捺印を得られ、
印影不鮮明による無用のトラブルを回避できます。
柘も象牙ほどではないものの朱肉吸着度は良好です。
一方、牛角類は若干ですが朱油をはじく傾向にあります。


他の印鑑素材が若干ながら一長一短がある中で、
象牙・マンモスは、印鑑に求められる要素をすべてクリアしており、
権利と財産を護る大事な印鑑に最適な素材と申せましょう。
次はその象牙についてさらに詳しくご説明いたします。




印鑑手彫り

姉妹サイト : 首相印鑑 印鑑書体 安心印鑑